Generative Typography

プログラムによって決められたルールに従い、フォントを自動で生成し続ける作品を制作した。 手書きのような温かみのあるフォントから、逆にコンピュータにしか作れない緻密なフォントまで、多様な バリエーションを生み出すことにこだわって制作した。1秒間で約60種類のフォントを生成することができ、 その中から良いものを選んでフォントデータに変換することで実際にタイピングできるようになる。