れんさ

横にスクロールして繋がっていく映像作品。サイズの違いや物体と非物体の違いなど、現実には起こり得ないモノ同士の関係を、映像という形式を利用して作り出した。