生殖 Ⅰ

草野心平の「生殖 Ⅰ」という詩をモチーフに、自分なりの解釈で映像作品を制作した。 この詩は「るるるるるるるるるるるるるるるるるるるる」と、ひらがなの「る」が20個連なっている詩で、 その意味の解釈には諸説あると言われている。

今回私は、この「る」の連続がカエルの卵が連なっている状態を視覚的に文字で表現したものではないか、という説に魅力を感じ、それを基に制作した。 「生殖」というタイトルやカエルの卵など、有機的に感じる言葉や情景を、記号としての「る」という統一された規格で表現した面白さを、 有機的なものが無機的な場所で生産される違和感のあるシーンとして映像化できないかと試みた。

楽曲 : Kids Ensemble(OK-Sounds 作)